トピックス

ブラジルと「大内のお殿様」オンラインで踊る

世界で広がる新型コロナの感染、コロナの影響で山口市の祇園祭も中止、関連の市民総踊り「大内のお殿様」盆踊りも中止になりました。コロナにめげず世界の人たちと、この「大内のお殿様」盆踊りを踊ろうと、花柳寿寛福さん達がオンラインによる盆踊りを企画し、山口県立大学の協力などを得て、八坂神社にもコロナ収束を祈願する踊りを奉納しました。(関係者以外の名前の表示はモザイクをかけています)

このオンライン盆踊りは6月から現在7月まで計6回行われています。この間何十ヵ国もの人たちが沢山参加しました。踊りの招待を受けた親善協会からは山中が7月13日に山口県立大学から発信の時と7月26日八坂神社でのコロナ退散のビデオ奉納、祈願の踊りの時にZoomミーティングに参加しました。ブラジル山口県人会からも伊藤会長ら役員数人が参加して、いっしょに踊りました。(写真に伊藤会長、山中の映像が一部写っています)

ブラジルの人たちも、「大内のお殿様」の踊りは、これで覚えたそうです。感染が厳しいブラジルでは、オンラインの会議、ミーティング、そして移民祭の法要までオンラインで行われています。今年は山口へ来る研修員は休止され、会の活動が出来なくなりましたが、このオンラインミーティングを使って、ブラジル側との交流を進め、会員同士の意思の疎通を深めればと思っています。

 

このページの先頭へ▲

記事アーカイブ

| 1/230PAGES | >>