トピックス

今年度のブラジルからの県費研修員は見送り、在外山口県人会世界大会も来年に延期

5月22日山口県国際課から連絡があり、今年度予定されていた県費研修員の研修事業の実施は新型コロナ感染の影響で中止する。来年の受入れになります。
また11月に予定されていた、海外の山口県人会の代表が集まる「在外山口県人会世界大会」も来年に延期することになりました。世界大会の開催日は今後決めると言う連絡です。

新型コロナの感染の影響はブラジルでも大変ひどく、日本とブラジルなど海外の現状を考え、事情も聴いてこの結論になったようです。残念ですが、今はこの結論を選ぶしか無いと思われ、すでに現地県人会にも連絡されたそうです。親善協会も今年の活動をどうするか、コロナ感染の行方を見極めながら考えたいと思います。

このページの先頭へ▲

記事アーカイブ

| 1/229PAGES | >>